YouTubeアフィリエイトとは一体どんな仕組みで稼ぐのか解説します。

とてもシンプルな仕組みです。1回読めばすぐ分かるので一気にいきましょう。

まず、アフィリエイトについて説明します。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、何か商品を紹介して、それが売れると紹介料がもらえる仕組みです。

例えば、みなさんが自分のブログやTwitterなどで、3,000円のシャンプーの紹介をしたとします。そこからシャンプーが売れると、紹介料が1,000円もらえるみたいな仕組みです。

アフィリエイトの仕組み

簡単に言うとこれがアフィリエイトです。

YouTubeアフィリエイトの仕組み

つまり、YouTubeアフィリエイトの仕組みは、

1. 動画の視聴者を集めて
2. 商品を紹介し
3. 紹介料を受け取る

というビジネスモデルです。

YouTubeアフィリエイトの仕組み

上の図を見て気付いたでしょうか?

YouTubeアフィリエイトでは、一度動画をアップロードすれば、その動画が私たちに代わって「24時間」勝手に商品を紹介をし続けてくれるので、何もする必要がなくなります。

これが、YouTubeアフィリエイトが自動収入(継続収入)だと言われる仕組みです。

アフィリエイトは紹介するだけなので、商品を作成する必要も、売れた後のサポートなども必要ありません。

ここで、この「仕組み」で稼いでいくには「潤滑油」が必要です。

視聴者を集めて紹介料を受け取るまでの流れをスムーズな流れにするために、3つのポイントを攻略しないといけません。

その3つが、「集客」「誘導」「紹介案件」の3つです。

集客:いかに再生回数を伸ばすか

そもそも、誰も見ない動画をアップロードしても無意味です。

YouTubeアフィリエイトの仕組みの第1ポイントは集客です。再生回数が増えるような動画をアップロードしないといけません。

誘導:いかに商品ページへ誘導できるか

次に商品を売っているページへ誘導しないといけません。

YouTubeアフィリエイトの仕組みの第2ポイントは誘導です。せっかく動画を見てもらっても、商品のページを見てくれないと1円にもなりません。

紹介案件:いかに儲かる案件を扱えるか

YouTubeアフィリエイトの仕組みの第3ポイントは紹介案件です。売れない商品を紹介してもお金にはなりません。

例えば、シャンプーAとシャンプーBを紹介するとAだと月10万円の収益になったのに、Bだと月1万にしかならなかったというケースはざらにあります。

きちんと儲かる案件を選んで紹介することが最後のポイントです。

 

以上の3つのポイントを攻略すると、歯車が綺麗に回転し、自動化(継続収入)の仕組みが完成します。

新世代YouTuberでは、この3つのポイントを全て教えています。初心者の方は、ただ真似をすればいいだけの状態なので、安心して継続収入の仕組みを構築することができます。

継続収入の仕組みは成長する

YouTubeアフィリエイトにおける1個あたりの動画は月に数百〜数千円程度です。しかし、その動画がやがて100個になればどうでしょうか?

月1000円程度の動画でも100個作成すれば毎月10万円になります。

このように仕組みをどんどん成長させることで、継続収入はどんどん大きくなります。

YouTubeアフィリエイトの仕組みは不動産収入の仕組みに似ています。自分の動画をたくさん持っていることは、たくさんの物件を所有しているようなものであり、動画収入は家賃収入のようなものです。

つまり、YouTube市場がまだまだ成長状態にあるので、今のうちにYouTubeアフィリエイトを実践すれば、早い段階で継続収入の仕組みを手にすることが可能ということになります。