新世代YouTuberに参加したら、具体的にどのような手順で稼いでいくのか説明します。

なお、前提として新世代YouTuberでは、教材やノウハウを会員専用のページで配布し、メンバー内のコミュニケーション(質問や成果報告、ノウハウの共有など)はチャットツールで行います。

どちらもスマホ、パソコンから簡単にアクセスできるため、非常に便利です。

手順1:金脈シートによるジャンルの決定

どんなジャンルの動画で自分が取り組んでいくか決めます。

ジャンルはなんでも良いわけではありません。

新世代YouTuberのメンバーには、「金脈シート」を共有しているので、その金脈シートの中のジャンルから実践してもらいます。

金脈となるジャンルは15個以上あるので、その中で自分が好きなジャンルを選ぶのがベストです。

新世代YouTuberでは、「稼ぐことが最初の目標」です。稼げないと本末転倒なので、必ず金脈シートの中から選ぶようにして下さい。

手順2:チャンネルの作成

YouTubeでは、まずチャンネルを作成し、そのチャンネル内に動画をアップロードしていきます。

例えば、「動物ちゃんねる」というチャンネルならば、動物の動画をアップロードしていきます。
手順1で決めた「自分が取り組むジャンル」に合ったチャンネル名を付けて下さい。

なお、視聴者は「チャンネル登録」と言って、気に入ったチャンネルをお気に入り保存できます。

このチャンネル登録者が増えると、あなたの動画のファンがついたということなので、
その後のYouTubeの継続収入がどんどん増えていきます。

新世代YouTuberのメンバーには、超初心者だったのに、1日で5,000名以上の登録者を増やした人もいます。

手順3:1個目の動画の作成とアップロード

動画の作成は、パソコン、スマホ、タブレットのどれでも可能です。正直、かなり簡単です。初心者であってもすぐに慣れるので安心して下さい。

動画教材を見ながら、真似していけば出来ますし、万が一つまづいてもリーダーが丁寧に指導してくれます。

動画を作成したらYouTubeへアップロードします。

動画のタイトルや説明文、タグ、サムネイル画像の作成など作業がありますが、面倒なのは最初だけです。

2,3個動画を作成していけば、流れ作業のように出来るようなります。

何事も「まずやってみる」ことが大切です。仮に、動画のタイトルに全然センスがなくても大丈夫です。ハイジやリーダーの指導を受けていれば、すぐに超魅力的なタイトルを機械的にバンバン付けられるようになります。

こういうスキルが身に付くだけでも一生モノの資産ですよね。

手順4:チャットで報告と共有

チャンネルと動画ができたら、ひとまずメンバーに共有し(専用シートあり)、チャットで報告します。

報告する際に、アドバイスが欲しい点があれば必ず添えて下さい。

ハイジやリーダーが適切なアドバイスをします。

メンバー内で動画を共有できるのは新世代YouTuberの大きな強みです。誰がどんな動画をアップロードしていて、どのくらい再生回数があるのか、そういった生々しいデータがすぐに入手できます。

新世代YouTuberでは「シェアハピ」の精神のもと、「共有」を徹底しています。
メンバー内でWin-Winの関係を築き、質問もノウハウも”とにかく共有”します。

これほど徹底しているコミュニティを他に見たことがありません。

手順5:動画の数を増やしていく

1個目の動画の作成と報告が完了したら、2個目、3個目・・・と動画数を増やしていきます。

動画1個1個が「資産」です。不動産のようなものだと考えて下さい。動画は24時間、あなたに代わってずっと働いてくれるパートナーであり、毎月お金をもたらしてくれます。

ただし、不動産と違い、あなたが頑張れば「タダ」でいくらでも増やすことができます。つまり、頑張って作れば作るほど、継続収入が増えていくわけです。だから、最初は大変でも動画の数を増やすことをしっかり行いましょう。

手順5以降は、繰り返し作業です。作業しながら、チャットで方向性の確認やアドバイスをもらい、微修正を加えていきます。最初は、「動画を作る」という言葉だけでアレルギー反応を起こしていたような人が、1,2ヶ月後には当たり前のようにチャチャッと動画を作成できるようになっています。

なお、この手順を読んだ方で、「アレ、お金(広告収入)はどう入るの?」と感じた方がいらっしゃると思いますが安心して下さい。実際の参加メンバーには、手順3のあたりできちんと説明しますので。

新世代YouTuberでは、「収益」の部分についても研究を重ねており、特に初心者がすぐに成果を出せるように工夫しています。

大まかな全体イメージがついたでしょうか。稼ぐには、成功者の真似が大切です。自己流ではなく、ハイジやリーダーが示す手順に従って、まずは基礎力を付けて下さい。分からないことがあればいつでも質問して下さいね。